銀のくら長久手店【辛味噌にんにくバターラーメン】取寄男子の取り寄せレビュー:

2010年07月10日

銀のくら長久手店【辛味噌にんにくバターラーメン】

名古屋市東区(桜通線高岳駅近く)に店があり、北海道の老舗西山製麺から、空輸されてくる中太の縮れ熟成麺が、みそダレといい塩梅で絡んでとてもおいしいです。
ラーメン本によると
「北海道の老舗・西山製麺の創業者と、札幌ではじめて札幌ではじめて味噌ラーメンを作ったさんぺらーめんの創業者が味噌ラーメン用に開発した面を空輸した」
長久手にも支店がありまして、同じように「辛味噌にんにくバターラーメン」が味わえます。駐車場は5,6台しかなく、食事時は停めるのにかなり苦労します。路上駐車もやむを得ないかもしれませんが、周りの店が路上駐車に迷惑してるようで、敷地内になんとか停めるしかありません。もう少し駐車スペースが増えてくれれば…しかも、停めづらいのに次々とお客さんは入ってきます

冒頭でも書きましたが、西山製麺の麺と地元・愛知の味噌ダレの絡み具合は格別のマッチングです。さらに、バターのまろやか具合が加わってるので、札幌ラーメンファンには超幸せな気分です。にんにくも入ってるので、食べ終わった後になんか元気出てきます。一味唐辛子が入っていて辛いはずなのに、逆に味噌の甘みが強く主張してくれます。さらにトッピングでコーン(+150円)味付け玉子(+100円)を載せるとさらにベストマッチです。とろっとした半熟玉子はみそでも塩でもなんでも合いますねー。コーンの甘さがさらに旨味のあるバランスへと運んでくれます。替え玉はやっていなかったはずですが、大盛りにすることは出来たと思います

値段が辛みそにんにくバターラーメンで820円、全部乗せだと1400円もかかりますが、これが安いか高いかは一度食べてみて判断してみるといいでしょう。
サッポロラーメンの看板の店で食べてファンになった人、札幌ラーメンが好きな人、「ドラえもん」でスネ夫が自慢した「北海道で食べた熱い熱いバターラーメン」をうらやましく思いながらマンガ見てた人、今こそ本物の札幌ラーメンを食べに行きましょう!(H10.05.16)

【関連商品】

 

★西山製麺さんの麺を自宅で茹でてお召し上がり。太縮れ麺は塩でもみそでもどっちでも



銀の蔵 長久手店 (ラーメン / はなみずき通、杁ケ池公園)
★★★★ 4.0

posted by ひーらぎ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾張・名古屋のラーメン屋
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
posted by <% article.nickname %> at <% article.createstamp | date_format("%H:%M") -%>