厳選した農具を取り扱う「畑師」-マイファーム運営。お取り寄せして食べる側から自分で作って食べる側に取寄男子の取り寄せレビュー:

2009年09月13日

厳選した農具を取り扱う「畑師」-マイファーム運営。お取り寄せして食べる側から自分で作って食べる側に

厳選した農具を取り扱うサイト「畑師」と指導・管理サポートつき貸農園を運営するマイファーム

9月13日の「おはよう日本」で紹介されました

広がる都会の貸し菜園ビジネス

2年前線路を地下に付け替えた土地を貸し農園にして貸し出しているサービスが始まっている。パウダールーム、シャワールームや休憩施設、苗もその休憩施設で買えるという。農業やってるはずなのにセレブな感じがする都会の農業。会員はこの2年で2倍に増えた。スティッコリー、芽キャベツなど
・休みの日に気軽に農業が出来る
・スコップなどは無料で貸し出している
・若い世代・家族向けに珍しい品種をそろえている
・家族でレジャー感覚で農業をできる
・苗をホームセンターなどで買う手間や疲れたら休憩施設を完備してるという従来の農業から想像できない施設

「本格的な農業という意識は全然ないベランダ菜園の延長線上」

耕作放棄地を菜園にする-マイファーム運営



石辻さんの会社が農地として整備
農家と一般の利用者をマッチングするサービス
3.3平方メートル辺り1ヶ月1000円程度

「近いのが一番ですね。子育てをしながらなのでちょっと時間が出来た時に来れる」

・手軽に農業を楽しめる
・子供への食育
・家族とのコミュニケーション
などが貸し菜園ビジネスにとってのメリット
家庭菜園DVD−京都大学農学博士西村先生

お取り寄せでうまいものを取り寄せるのもいいが、自分で野菜を作ってその野菜で料理するのもまた違った発見が出来るかもしれません。上記にも載せたメリットがたくさんありそうですわーい(嬉しい顔)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32094594

この記事へのトラックバック
posted by <% article.nickname %> at <% article.createstamp | date_format("%H:%M") -%>